ここで1つ気をつけなければいけないと

ここで1つ気をつけなければいけないところは、SPF15だから15分後、SPF30だから30分後ということではありません。SPF15に関しては仮に日焼けを20分後に始める人であるならば、開始の時間を15倍延期することが可能だという意味合いです。
けれども今、ミルクタイプのものとは別にジェル状で保湿を考えた商品やスプレー状で簡単に使える商品など数多くの様式の日焼け止めがあります。
ところが、この二つがそれぞれがどういう意味を持つかを間違わずに言える人は、そんなに大勢いないのではないかと思われます。
数字は大きい方が効果がありそうだから、きまって大きい数字の商品を使っているという人もいるのではないでしょうか。
このことからおよそ300分後までの延長が可能なのです。また、SPF30であれば約10時間後までという意味になります。
すなわち、犬の散歩へ行く、近所のお店へ行くなど日常生活だけを考えた際にはSPF15でも十分だと言えるでしょう。ちなみに、日焼け止めにおいてはSPF15ないしSPF30のように数字に加えPA+あるいはPA++という具合に+の数で書かれているものの二種類が表示されているのは知っている方も結構いることでしょう。
まず一番目にSPFはそばかす、シミの要因である紫外線B波のための日焼けがスタートしてしまう時間を、元々始まる時間から何時間延長できるかを示しています。
毎年いつも紫外線の強力な季節になると、日焼け防止に帽子や日傘に加えて日焼け止めを塗る方も少なくないでしょう。ちょっと前までは日焼け止めは白いミルク状のものが流通していました。
もし長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツを行うときは30以上の商品を使用したほうがよいでしょう。
なかにはSPF50以上の商品も売られていますが、このような日焼け止めを本当に使う必要があるのは、1日の間ずっと外で何かをする場合だけでよいのです。
また+も多いものを利用しているという人もいることでしょう。人の肌は外に出た瞬間から日焼けが始まるわけではありません。
若干の個人差はありますが、およそ15分〜20分後から日に焼け始めます。
そしてPAについてですが、PAはシワに加えてたるみの元である紫外線A波の影響をどれほど防げるかを表示しています。効果はPA+〜PA++++という四段階に分けられていて、数が多ければ多いほど効果も強くなると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です