毎年いつも紫外線の強力な季節にな

毎年いつも紫外線の強力な季節になると、日焼けを防止するために帽子や日傘に加えて日焼け止めを使うという方も多いはずです。
以前であれば日焼け止めについては白いミルクタイプのものが流通していました。もし長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツをする場合は30以上の日焼け止めを利用するようにしましょう。なかにはSPF50以上の商品も売られていますが、本当にこれらの商品を使用すべきなのは、1日中外で何かするときくらいなのです。
そしてPAについてですが、PAはシワさらにたるみの元である紫外線A波をどれだけ防ぐことができるかを表しているのです。
効果はPAの+が1個〜4個まで四段階で示されていて、数が多いほど効能も大きくなるのです。しかし、これら二つがそれぞれが何を示しているかをちゃんと言える人は、それほどたくさんいないのではないかと思われます。
数字については大きいほど効果がありそうだから、常に大きい数字のものを塗っているという人もいるでしょう。
つまりおよそ300分後までの延長ができます。そして、SPF30ならだいたい10時間後までという意味になります。
ですので、犬の散歩、自宅そばのお店への買い物など日常生活のみを考えた場合はSPF15でも十分だと言えそうです。まず第一にSPFはシミ及びそばかすの原因となる紫外線B波による日焼けが始まる時間を、一般的に始まる時間からどのくらい延長できるかどうかを示しています。ここで1つ注意しなければならないのは、SPF15においては15分後、SPF30だから30分後とという意味ではありません。
SPF15に関しては20分後から日焼けを始める人の場合、開始の時間を15倍延期することができるという意味になります。
しかしながら今、ミルクタイプの日焼け止め以外にジェル状で保湿を意識しているものやスプレーで噴きかけるもので容易に使えるものなどいろいろな様式の日焼け止めが販売されています。
それより、日焼け止めにはSPF15ないしSPF30という風に数字とPA+やPA++という具合に+の数で表されているものの二つが表示されているのは分かっている方もたくさんいるでしょう。
それから+においても多いものを選んでいるという人もいるのではないでしょうか。人の肌の場合屋外に出たときからすぐ日焼けが始まるわけではありません。
若干の個人差は見受けられますが、ほぼ15分〜20分後から日焼けがスタートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です