次にPAですが、PAはシワ及び

次にPAですが、PAはシワ及びたるみの要因である紫外線A波をどれだけ防げるかということを表しています。
効能はPA+〜PA++++といった四段階に分けられていて、数が多いほど効果も強くなると言えます。ここで1つ注意しなければならないのは、SPF15の場合15分後、SPF30は30分後とという意味ではありません。SPF15については例えば20分後に日焼けを始める人の場合、開始の時間を15倍延期することができるという意味です。
まず第一にSPFの表示はシミやそばかすの原因である紫外線B波による日焼けが始まる時間を、元々始まる時間からどの程度伸ばせるかを示しているのです。しかしながら今、ミルクタイプの日焼け止めの他にジェル状になっていて保湿を考えたものやスプレー状で気軽に使用可能な商品などいろいろなタイプの日焼け止めが売られています。けれども、これら二種類がそれぞれがどういう意味を持つかを正しく言える人は、そんなに大勢いないのではないかと思います。
数字については大きいほど効果がありそうだから、きまって大きい数字の商品を使っているという人もいることでしょう。
いつも紫外線の強い季節がやってくると日焼けしないように帽子や日傘に加えて日焼け止めを利用する方もたくさんいるでしょう。
以前は日焼け止めと言ったら白いミルク状のタイプが通常でした。
つまりだいたい5時間後まで伸ばすことができます。加えて、SPF30だとおおよそ600分後までということなのです。
ですから、犬の散歩や買い物へ行くなど日常生活だけを考えた際にはSPF15でも十分だと言えそうです。
万が一長い時間外で運動する、マリンスポーツをする場合は30以上の表示のものを利用するようにしましょう。
SPF50以上ある日焼け止めも店で買えますが、このような商品を本当に使用する必要があるのは、1日中外で何かするときくらいなのです。
それに+も多いものを使用しているという人もいることでしょう。
人の肌は外に出たときから即日焼けが開始することはないです。
いくらか個人差はありますが、おおよそ15分〜20分後から日焼けが始まると言えます。話は変わって、日焼け止めのパッケージにはSPF15またはSPF30といった具合に数字と共にPA+もしくはPA++という具合に+の数で表された二種類が表示されていることは知っている方も結構いることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です