続いてPAについてですが、PAはシワやたるみの元とな

続いてPAについてですが、PAはシワやたるみの元となる紫外線A波をどれくらい防ぐことができるかを表しているのです。効果はPA+〜PA++++の四段階に分かれており、数が多ければ多いほど効果も強くなると言えます。
もしも長い時間外でスポーツをする、マリンスポーツをする場合は30以上の商品を使用しましょう。
SPF50以上ある日焼け止めも売られていますが、本当にこのような日焼け止めを使用する必要があるのは、1日の間ずっと屋外にいるときのみでよいと言えます。
ここで勘違いしてはいけない部分は、SPF15の場合15分後、SPF30においては30分後ということではありません。SPF15の場合20分後に日焼けを始める人であれば、始まる時間を15倍延長することができるという意味になります。
それから+においても多いものを塗っているという人もいるのではないでしょうか。人の肌においては外に出たその瞬間から日焼けが始まることはありません。
若干の個人差はあると言えますが、約15〜20分後から日焼けが始まると言えます。このことから約5時間後まで延長することが可能になります。そして、SPF30ならおおよそ600分後までという意味合いです。
つまり、犬の散歩へ行く、自宅そばのお店への買い物など普段の生活のみを考えればSPF15でも十分だと言えるでしょう。
1年のうち紫外線の多い季節がくると日焼け防止に帽子や日傘にプラスして日焼け止めを使用する方もたくさんいるでしょう。
以前は日焼け止めと言えば白いミルク状のタイプが流通していました。それはそうと、日焼け止めのパッケージにはSPF15あるいはSPF30といった具合に数字とPA+やPA++という具合に+の数で書かれているものの二個が表示されているということは知っているという方もたくさんいるでしょう。
しかしながら、この二種類がそれぞれ何を表しているのかをしっかり言える人は、そんなにいっぱいいないのではないかと考えます。
数字は大きい方が効果がありそうだから、きまって大きい数字の商品を塗っているという人もいるのではないでしょうか。
最初にSPFの表示はシミ並びにそばかすの原因である紫外線B波によっての日焼けが始まってしまう時間を、通常始まる時間からどのくらい延長できるかを表しているのです。
けれども今、ミルクタイプのものの他にジェル状でうるおい持続を意識しているものやスプレー状ですぐに使える商品など豊富なバリエーションの日焼け止めがお店で売っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です