話は変わって、日焼け止めを見るとSPF15

話は変わって、日焼け止めを見るとSPF15もしくはSPF30という風に数字と一緒にPA+やPA++という具合に+の数で表現されているものの二つが表示されていることはご存じの方も結構いることでしょう。
けれども、これら二種類がそれぞれ何を表しているのかを間違わずに言える人は、そんなに多くないのではないでしょうか。
数字は小さいより大きい方が効果が望めそうだから、常に大きい数字のものを塗っているという人もいることでしょう。
もしも長い時間外でスポーツをする、マリンスポーツをする場合は30以上の表示のものを利用するようにしましょう。
SPF50以上の日焼け止めも購入できますが、これらを本当に使用する必要があるのは、1日の間ずっと屋外にいる場合のみなのです。そしてPAについてですが、PAはシワ及びたるみの要因である紫外線A波の影響をどれだけ防止できるかを表しています。効果はPA+〜PA++++の四段階で表され、数が増えるほど効果も強くなると言えます。
はじめにSPFにおいてはシミ及びそばかすの原因である紫外線B波を理由とした日焼けが始まってしまう時間を、通常始まる時間からどのくらい延長できるかどうかを示しているのです。
毎年いつも紫外線の強力な季節になると、日焼けを防止するために帽子や日傘にプラスして日焼け止めを利用する方も多いはずです。昔であれば日焼け止めは白いミルクのようなものが流通していました。
けれども今、ミルクタイプのものとは別にジェル状で保湿を考えた商品やスプレー状で気軽に利用できる商品などいろいろなタイプの日焼け止めがお店で買えます。このことから約5時間後までの延期が可能になります。また、SPF30であればおよそ10時間後までということなのです。
このことから、犬の散歩、買い物へ行くといった日常生活だけで考えるならSPF15あれば十分なのです。
ここで注意しなければならない点は、SPF15だから15分後、SPF30の場合は30分後とという意味ではないのです。
SPF15というのは仮に日焼けを20分後に始める人であるならば、始まる時間を15倍延長することが可能になるという意味です。
さらに+に関しても多いものを使用しているという人も少なくないでしょう。人の肌の場合外出したときからすぐ日焼けが始まることはありません。少しの個人差はありますが、約15〜20分後から日焼けが始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です