仮に長時間屋外でスポーツをする、マ

仮に長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツを行うときは30以上の日焼け止めを使った方がよいでしょう。
なかにはSPF50以上のものもお店で販売していますが、本当にこれらの商品を使う必要があるのは、1日の間ずっと屋外にいる場合だけでよいのです。
ここで1つ注意しなければならないことは、SPF15においては15分後、SPF30においては30分後とという趣旨ではありません。SPF15の場合20分後から日焼けを始める人だと、開始の時間を15倍延期することが可能になるという意味です。
続いてPAについてですが、PAはシワに加えてたるみのキッカケとなる紫外線A波の影響をどれだけ防げるかを表示しています。
効果はPAの+が1個〜4個まで四段階で表され、数が多いほど効能も大きくなるのです。
はじめにSPFはシミ及びそばかすの原因となる紫外線B波のための日焼けが始まってしまう時間を、本来始まる時間から何時間延長できるかどうかを示しています。
けれども、これら二種類がそれぞれ何を表しているのかを正確に言える人は、そんなにいっぱいいないのではないかと思われます。
数字はより大きいほど効果がありそうだから、いつも大きな数字の物を使っているという人もいるかと思います。いつも紫外線の強い時期になると日焼けを防止するために帽子や日傘にプラスして日焼け止めを塗る方も多いことでしょう。ちょっと前までは日焼け止めと言えば白いミルクタイプの形状が当たり前でした。話は変わって、日焼け止めのパッケージにはSPF15またはSPF30のように数字と一緒にPA+やPA++という風に+の数で表されているものの二種類が表示されているのは知っている方も多いことでしょう。
しかしながら今、ミルクタイプのものとは別にジェル状でうるおい持続を考えたものやスプレーで噴きかけるものですぐに使えるものなどいろいろな様式の日焼け止めがあります。
それに+も多いものを使用しているという人も結構いるはずです。
人の肌は屋外に出たそのときから日焼けが始まることはありません。
多少の個人差がありますが、おおよそ15分〜20分後から日焼けが始まります。このことから約300分後まで延期することが可能というわけです。
それから、SPF30はおおよそ600分後までということです。このことから、犬の散歩、近くの店への買い物など普段の生活だけで考えるならSPF15のものでも十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です