万が一長い時間外で運動する、マリンスポーツ

万が一長い時間外で運動する、マリンスポーツをするときには30以上の商品を使うようにしましょう。SPF50以上あるものも購入できますが、これらを本当に使用する必要があるのは、1日の間ずっと屋外にいるときのみでよいと言えます。ここで注意しなければいけないところは、SPF15においては15分後、SPF30だから30分後とということではないのです。
SPF15については20分後に日焼けを始める人は、開始の時間を15倍延期することができるという意味です。
しかしながら、この二種類がそれぞれが何を示しているかを正しく言える人は、そんなに多くないのではないかと思われます。数字は大きい方が効きそうだから、毎回大きな数字のものを利用しているという人もいるのではないでしょうか。
1年のうち紫外線の多い季節になると、日焼け防止に帽子や日傘にプラスして日焼け止めを利用する方も多いと思います。昔であれば日焼け止めについては白いミルクのようなものが当たり前でした。
また+も多いものを使っているという人もいるのではないでしょうか。
人の肌の場合屋外に出たその瞬間から日焼けが開始するわけではありません。個人によって差はあると言えますが、約15〜20分後から日焼けが始まると言えます。
つまりおよそ5時間後まで伸ばすことが可能なのです。
それから、SPF30はおよそ10時間後までという意味合いです。すなわち、犬の散歩へ行く、自宅そばのお店への買い物など日常生活だけを考えた際にはSPF15のもので十分足りそうです。
まず第一にSPFはそばかすやシミの元となる紫外線B派からの日焼けがスタートする時間を、一般的に始まる時間からどれだけの時間伸ばせるかを表しています。ちなみに、日焼け止めのパッケージにはSPF15あるいはSPF30というような数字とPA+またはPA++というような+の数で書かれているものの二種類が表示されていることは分かっているという方も結構いることでしょう。
けれども今、ミルクタイプのものの他にジェル状でモイスチュア効果を意識した商品やスプレー状で気軽に使える商品などたくさんのタイプの日焼け止めがお店で売っています。
次にPAですが、PAはシワやたるみの原因となる紫外線A波をどれだけ防止できるかを示しているのです。
効果はPAの+が1個〜4個まで四段階で表され、数が多ければ多いほど効能も大きくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です