ですが、この二つがそれぞれが何を示して

ですが、この二つがそれぞれが何を示しているかを正確に言える人は、それほどたくさんいないのではないかと考えられます。
数字はより大きいほど効きそうだから、常に大きい数字のものを利用しているという人もいるかと思います。
そしてPAについてですが、PAはシワ並びにたるみの元である紫外線A波をどれくらい防げるかということを表しています。効果はPA+〜PA++++という四段階で表され、数が多いほど効果も大きくなります。
つまりだいたい5時間後まで伸ばすことが可能になります。
それから、SPF30は約10時間後までということになります。
すなわち、犬の散歩へ行く、買い物へ行くといった日常生活だけを考えた際にはSPF15でも十分だと言えそうです。
最初にSPFというのはシミやそばかすの元である紫外線B波によっての日焼けが始まってしまう時間を、本来始まる時間から何時間延長できるかどうかを示しています。
しかしながら今、ミルクタイプの日焼け止め以外にジェル状でうるおい持続を意識したものやスプレータイプですぐに利用できる商品など様々なバリエーションの日焼け止めがあります。毎年のように紫外線が強力な時期がくると日焼けを防止するために日傘や帽子と共に日焼け止めを塗る方もたくさんいるでしょう。
以前は日焼け止めについては白いミルク状のタイプが当たり前でした。仮に長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツをする場合は30以上の商品を使うようにしましょう。SPF50以上ある日焼け止めも購入できますが、このような商品を本当に使わなければならないのは、1日の間ずっと屋外にいるときのみでよいと言えます。ここで気をつけなければいけない部分は、SPF15は15分後、SPF30の場合は30分後とという意味ではありません。SPF15であれば20分後から日焼けを始める人の場合、開始の時間を15倍延期することが可能になるという意味です。話は変わって、日焼け止めにはSPF15やSPF30のように数字に加えPA+あるいはPA++といった+の数で表されているものの二つが表示されているのは分かっているという方も多いことでしょう。また+も多いものを塗っているという人もいると思われます。
人の肌は外に出た瞬間から日焼けが始まるわけではありません。
個人によって差は見受けられるのですが、約15〜20分後から日焼けが始まってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です