また+も多いものを利用しているという

また+も多いものを利用しているという人も結構いるはずです。人の肌は屋外に出たその瞬間から日焼けが始まるわけではないのです。
若干の個人差はありますが、ほぼ15分〜20分後から日焼けが始まってしまいます。ここで1つ気をつけなければならないのは、SPF15の場合15分後、SPF30においては30分後とという趣旨ではありません。SPF15の場合20分後から日焼けを始める人であれば、開始時間を15倍伸ばすことができるという意味です。ですが、この二つがそれぞれが何を示しているかを正確に言える人は、それほどたくさんいないのではないかと思われます。数字に関しては大きい方が効果が期待できそうだから、いつも大きな数字の物を選んでいるという人もいるのではないでしょうか。
けれども今、ミルクタイプのものの他にジェル状でうるおい持続を意識した商品やスプレー状で簡単に使用可能な商品などいろいろな種類の日焼け止めが売られています。
そしてPAについてですが、PAはシワ並びにたるみのキッカケとなる紫外線A波をどの程度防げるかを表示しています。効能はPA+〜PA++++といった四段階で示されていて、数が多くなるほど効能も大きいと言えます。最初にSPFの意味はシミ並びにそばかすの元である紫外線B波を理由とした日焼けが始まってしまう時間を、一般的に始まる時間からどれだけ延長できるかを表しています。これによりおおよそ5時間後まで伸ばすことができます。
また、SPF30であればだいたい10時間後までという意味合いです。このことから、犬の散歩、近所のお店へ行くなど日常生活だけを考えた際にはSPF15のものでも十分です。いつも紫外線の強い時期がくると日焼けしないように帽子及び日傘と共に日焼け止めを使うという方も少なくないでしょう。以前であれば日焼け止めと言えば白いミルク状のタイプが普通でした。
もし長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツを楽しむ場合には30以上の日焼け止めを使うようにしましょう。なかにはSPF50以上のものも店で買えますが、本当にこのような日焼け止めを使う必要があるのは、1日の間ずっと外で何かをするときくらいなのです。
ところで、日焼け止めの箱にはSPF15もしくはSPF30のように数字とPA+またはPA++という具合に+の数で表された二種類が表示されているのは分かっている方も多いことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です