ですが現在、ミルクタイプのものの他にジェル状で

ですが現在、ミルクタイプのものの他にジェル状でしっとり感を意識しているものやスプレーで噴きかけるもので容易に利用できる商品など豊富なタイプの日焼け止めがお店で買えます。
それに+も多いものを選んでいるという人もいることでしょう。
人の肌の場合屋外に出た瞬間から日焼けが開始するわけではありません。
少しの個人差はあると言えますが、約15〜20分後から日焼けが始まってしまいます。そしてPAについてですが、PAはシワ並びにたるみの元である紫外線A波の影響をどれほど防げるかということを表しています。
効果はPA+〜PA++++という四段階に分けられていて、数が増えれば増えるほど効果も強くなると言えます。
はじめにSPFというのはシミやそばかすの元となる紫外線B波による日焼けが開始する時間を、本来始まる時間から何時間延期できるかを示しているのです。
話は変わって、日焼け止めを見るとSPF15もしくはSPF30といった数字とPA+またはPA++という風に+の数で書かれた二個が表示されているということは分かっている方も多いかと思います。
ここで気をつけなければならないのは、SPF15の場合15分後、SPF30の場合は30分後とという意味ではないのです。
SPF15の場合例えば20分後に日焼けを始める人であるならば、始まる時間を15倍伸ばすことができるという意味です。
しかしながら、この二種類がそれぞれが何を示しているかを正確に言える人は、そんなに大勢いないのではないかと思われます。
数字に関しては大きい方が効果が望めそうだから、毎度大きな数字の商品を選んでいるという人もいるはずです。
毎年のように紫外線が強力な季節がくると日焼けしないように帽子や日傘にプラスして日焼け止めを使う方も多いことでしょう。昔であれば日焼け止めは白いミルクタイプの形状が普通でした。
もし長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツをする場合は30以上の日焼け止めを使った方がよいでしょう。SPF50以上の日焼け止めもお店で販売していますが、本当にこのような日焼け止めを使う必要があるのは、1日中外で何かするときくらいなのです。
つまりおよそ300分後までの延長が可能というわけです。
そして、SPF30ならおおよそ600分後までということになります。
つまり、犬の散歩へ行く、近くの店への買い物など普段の生活のみを考えればSPF15のもので十分足りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です