ところが最近、ミルクタイプの日焼け止めの他にジ

ところが最近、ミルクタイプの日焼け止めの他にジェル状でしっとり感を意識したものやスプレーになっていてささっと使用可能な商品などいろいろな様式の日焼け止めがお店で買えます。
しかしながら、この二種類がそれぞれがどういう意味を持つかを正確に言える人は、そんなに大勢いないのではないかと思われます。
数字はより大きいほど効果が望めそうだから、きまって大きい数字の商品を使っているという人もいるかと思います。
それからPAですが、PAはシワに加えてたるみのキッカケとなる紫外線A波をどれくらい防げるかということを表しているのです。
効能はPA+〜PA++++といった四段階に分かれており、数が多いほど効果も強くなると言えます。
毎年のように紫外線が強力な時期がくると日焼けしないように日傘や帽子と共に日焼け止めを使用する方も多いことでしょう。
一昔前は日焼け止めについては白いミルク状のタイプが当たり前でした。
ところで、日焼け止めのパッケージにはSPF15やSPF30という風に数字とPA+またはPA++というような+の数で表現されているものの二つが表示されていることは分かっている方も多いことでしょう。
それから+においても多いものを塗っているという人もいるのではないでしょうか。人の肌は外に出たときから即日焼けが開始するわけではありません。
いくらか個人差は見受けられますが、おおよそ15分〜20分後から日焼けがスタートします。もし仮に長時間屋外で運動する、マリンスポーツを楽しむ場合には30以上あるものを使うようにしましょう。
なかにはSPF50以上の商品もお店で販売していますが、このような商品を本当に使用すべきなのは、1日の間ずっと外で何かをするときだけです。
ここで勘違いしてはならないことは、SPF15は15分後、SPF30の場合は30分後ということではありません。
SPF15であれば20分後に日焼けを始める人は、スタート時間を15倍延期することができるという意味合いになります。
最初にSPFの表示はそばかすやシミの元である紫外線B派からの日焼けが始まる時間を、普通始まる時間からどの程度伸ばせるかを表しています。
つまりだいたい300分後まで延期することができるということです。加えて、SPF30だとおおよそ600分後までということです。ですので、犬の散歩、買い物へ行くといった日常生活だけで考えるならSPF15あれば十分なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です