続いてPAについてですが、PAはシワに加えてたるみ

続いてPAについてですが、PAはシワに加えてたるみの元となる紫外線A波をどれだけ防止できるかを表しているのです。効能はPA+〜PA++++といった四段階で示されていて、数が多くなるほど効果も強くなると言えます。ここで1つ気をつけなければならない点は、SPF15は15分後、SPF30というのは30分後とということではないのです。SPF15というのは仮に日焼けを20分後に始める人だと、開始時間を15倍伸ばすことができるという意味になります。ところが、この二つがそれぞれどういう意味かを間違わずに言える人は、そんなに多くないのではないかと考えられます。数字については大きいほど効きそうだから、常に大きい数字のものを使用しているという人もいるでしょう。
まず最初にSPFの意味はそばかすやシミの原因である紫外線B派からの日焼けが始まってしまう時間を、普通始まる時間からどれだけ延期できるかを示しています。しかし現在、ミルクタイプの日焼け止めの他にジェル状でモイスチュア効果を考えた商品やスプレーになっていてすぐに使用可能な商品などたくさんのタイプの日焼け止めが販売されています。
もしも長い時間外でスポーツをする、マリンスポーツを楽しむ場合には30以上の表示のものを使用したほうがよいでしょう。
SPF50以上の日焼け止めも店で買えますが、これらを本当に使用する必要があるのは、1日中外で何かするときのみでよいと言えます。
ちなみに、日焼け止めのパッケージにはSPF15やSPF30という風に数字とPA+またはPA++という風に+の数で表現されているものの二種類が表示されているのは分かっている方も多いかと思います。
つまりだいたい5時間後まで伸ばすことが可能になります。
また、SPF30であればだいたい10時間後までという意味になります。つまり、犬の散歩へ行く、自宅そばのお店への買い物など日常生活のみを考えた場合はSPF15のもので十分足りそうです。さらに+に関しても多いものを利用しているという人も少なくないでしょう。
人の肌は屋外に出た瞬間から日焼けが開始することはないです。多少の個人差があると言えますが、約15〜20分後から日焼けが始まります。
1年のうち紫外線の多い時期になると日焼け防止に帽子や日傘に加えて日焼け止めを利用する方もたくさんいるでしょう。以前は日焼け止めと言えば白いミルクタイプの形状が一般的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です