まず一番目にSPFというのはシミ及

まず一番目にSPFというのはシミ及びそばかすの原因となる紫外線B波による日焼けが始まってしまう時間を、本来始まる時間からどれだけ延長できるかを示しています。
毎年いつも紫外線の強力な季節になると、日焼けを防止するために帽子及び日傘と共に日焼け止めを使うという方も少なくないでしょう。以前であれば日焼け止めにおいては白いミルクタイプの形状が一般的でした。それはそうと、日焼け止めの箱にはSPF15ないしSPF30といった数字とPA+やPA++などの+の数で書かれた二種類が表示されていることは分かっている方も多いかと思います。それからPAですが、PAはシワ並びにたるみの原因となる紫外線A波の影響をどれだけ防止できるかということを表しているのです。
効果はPA+〜PA++++という四段階に分けられていて、数が増えるほど効果も強くなります。ですが、この二つがそれぞれ何を表しているのかをしっかり言える人は、そんなに大勢いないのではないかと思われます。
数字は小さいより大きい方が効果がありそうだから、きまって大きい数字の商品を選んでいるという人もいるのではないでしょうか。
ここで勘違いしてはならないことは、SPF15というのは15分後、SPF30だから30分後ということではありません。SPF15の場合仮に日焼けを20分後に始める人であるならば、始まる時間を15倍延長することができるという意味になります。ですが現在、ミルクタイプの日焼け止め以外にジェル状で保湿を考えた商品やスプレータイプで簡単に使えるものなど豊富な種類の日焼け止めがお店で買えます。
もし仮に長時間屋外で運動する、マリンスポーツをする場合は30以上のものを使うようにしましょう。
SPF50以上あるものもお店で販売していますが、本当にこのような日焼け止めを使う必要があるのは、1日中外で何かするときだけです。このことから約5時間後までの延期が可能なのです。さらに、SPF30の場合600分後ほど後までということです。
つまり、犬の散歩へ行く、近くの店への買い物など普段の生活だけで考えるならSPF15でも十分だと言えるでしょう。
また+も多いものを選んでいるという人もいることでしょう。人の肌は屋外に出た瞬間から日焼けが開始することはないです。
個人によって差は見受けられるのですが、おおよそ15分〜20分後から日焼けが始まると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です