いつも紫外線の強い時期になると日焼けを予防するために日

いつも紫外線の強い時期になると日焼けを予防するために日傘や帽子に加え日焼け止めを使うという方も多いことでしょう。以前は日焼け止めと言ったら白いミルクタイプのものが通常でした。ちなみに、日焼け止めのパッケージにはSPF15ないしSPF30というような数字とPA+やPA++という風に+の数で書かれているものの二つが表示されているのは知っている方も多いはずです。ところが、この二つがそれぞれ何を表しているのかを間違わずに言える人は、それほどたくさんいないのではないでしょうか。
数字に関しては大きい方が効きそうだから、毎回大きな数字のものを使っているという人もいるでしょう。
まず一番目にSPFはそばかすやシミの原因である紫外線B波を理由とした日焼けが開始する時間を、元々始まる時間から何時間伸ばせるかを表示しています。
万が一長い時間外で運動する、マリンスポーツを楽しむ場合には30以上の日焼け止めを使うようにしましょう。
なかにはSPF50以上のものも販売されていますが、これらを本当に使わなければならないのは、1日中屋外にいるという場合のみなのです。
しかしながら今、ミルクタイプのものの他にジェル状でしっとり感を意識した商品やスプレーで噴きかけるもので簡単に使えるものなどいろいろな様式の日焼け止めがお店で買えます。
このことからおよそ300分後までの延長ができるということです。そして、SPF30なら約10時間後までということです。ですので、犬の散歩、自宅そばのお店への買い物など日常生活だけを考えた際にはSPF15でも十分だと言えそうです。
それから+においても多いものを使っているという人もいると思われます。人の肌は外に出たそのときから日焼けが開始するわけではありません。
少しの個人差はあると言えますが、ほぼ15分〜20分後から日焼けが始まってしまいます。ここで気をつけなければいけない部分は、SPF15においては15分後、SPF30というのは30分後とという趣旨ではありません。SPF15については例えば20分後に日焼けを始める人であれば、スタート時間を15倍延期することができるという意味合いになります。
続いてPAについてですが、PAはシワ及びたるみの原因となる紫外線A波の影響をどれだけ防止できるかを表しているのです。効果はPAの+が1個〜4個まで四段階で表され、数が増えれば増えるほど効果も強くなると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です