話は変わって、日焼け止めにおい

話は変わって、日焼け止めにおいてはSPF15あるいはSPF30というような数字とPA+やPA++という風に+の数で表されているものの二種類が表示されていることは知っている方も多いかと思います。
まず一番目にSPFの意味はそばかす、シミの元である紫外線B波を理由とした日焼けがスタートする時間を、元々始まる時間からどのくらい伸ばせるかを表示しています。
つまりおよそ300分後まで延期することができるということです。
さらに、SPF30の場合およそ10時間後までという意味になります。ですので、犬の散歩、買い物へ行くといった日常生活のみを考えた場合はSPF15のもので十分足りそうです。それからPAですが、PAはシワに加えてたるみの原因となる紫外線A波の影響をどれほど防げるかを示しているのです。効果はPA+〜PA++++の四段階に分けられていて、数が増えるほど効果も大きくなります。
ですが、この二つがそれぞれ何を表しているのかを間違わずに言える人は、そんなに多くないのではないかと考えられます。
数字は大きい方が効きそうだから、いつも大きな数字の物を使っているという人もいるでしょう。
もしも長い時間外でスポーツをする、マリンスポーツをする場合は30以上のものを使うようにしましょう。
SPF50以上あるものも店で買えますが、本当にこれらの商品を使用すべきなのは、1日中屋外にいるというときくらいなのです。
毎年紫外線が強い季節がやってくると日焼けしないように帽子や日傘に加えて日焼け止めを利用する方も多いことでしょう。
一昔前は日焼け止めと言えば白いミルクのようなものが通常でした。
そのうえ+についても多いものを塗っているという人もいるのではないでしょうか。人の肌においては外に出たときからすぐ日焼けが始まることはありません。個人によって差はあるのですが、おおよそ15分〜20分後から日焼けが始まると言えます。
ここで勘違いしてはいけないところは、SPF15は15分後、SPF30というのは30分後ということではありません。
SPF15であれば20分後に日焼けを始める人だと、始まる時間を15倍延長することが可能だという意味合いです。
けれども今、ミルクタイプ以外にジェル状で保湿を考えた商品やスプレータイプでささっと使用可能な商品などたくさんのタイプの日焼け止めがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です