そしてPAについてですが、PAはシワやたるみの原因とな

そしてPAについてですが、PAはシワやたるみの原因となる紫外線A波の影響をどれほど防止できるかということを示しているのです。効能はPAの+が1つ〜4つまで四段階に分けられていて、数が多くなるほど効果も大きくなります。
つまりだいたい5時間後までの延期が可能になります。加えて、SPF30だと約10時間後までということになります。すなわち、犬の散歩へ行く、近所のお店へ行くなど日常生活のみを考えた場合はSPF15でも十分だと言えそうです。ですが、この二つがそれぞれどういう意味かをしっかり言える人は、そんなに大勢いないのではないかと思われます。
数字に関しては大きい方が効果が望めそうだから、きまって大きい数字の商品を塗っているという人もいるのではないでしょうか。
まず一番目にSPFはシミ並びにそばかすの原因となる紫外線B波を理由とした日焼けが始まってしまう時間を、一般的に始まる時間からどの程度伸ばせるかということを表しているのです。
1年のうち紫外線の多い季節がやってくると日焼けしないように日傘や帽子と共に日焼け止めを塗る方も多いことでしょう。
以前は日焼け止めは白いミルクのようなものが流通していました。ここで勘違いしてはいけない部分は、SPF15においては15分後、SPF30の場合は30分後とという意味ではないのです。
SPF15の場合日焼けを20分後に始める人だと、開始の時間を15倍延期することが可能になるという意味です。
また+も多いものを利用しているという人もいるのではないでしょうか。
人の肌においては外に出たときからすぐ日焼けが始まることはありません。少しの個人差は見受けられますが、ほぼ15分〜20分後から日焼けが始まってしまいます。
もし仮に長時間屋外で運動する、マリンスポーツを楽しむ場合には30以上あるものを使うようにしましょう。
SPF50以上の日焼け止めも購入できますが、本当にこれらの商品を使う必要があるのは、1日中屋外にいる場合だけでよいのです。
それより、日焼け止めの箱にはSPF15あるいはSPF30といった数字と一緒にPA+やPA++などの+の数で表された二種類が表示されていることはご存じの方も結構いることでしょう。しかしながら今、ミルクタイプの日焼け止め以外にジェル状でしっとり感を考えた商品やスプレーになっていてすぐに利用できる商品など様々な様式の日焼け止めがお店で買えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です