続いてPAについてですが、PAはシワに加えてた

続いてPAについてですが、PAはシワに加えてたるみの要因である紫外線A波の影響をどれほど防げるかを示しているのです。効能はPAの+が1つ〜4つまで四段階で表示されており、数が多いほど効能も大きいと言えます。ここで1つ注意しなければならない点は、SPF15は15分後、SPF30というのは30分後とという意味ではありません。
SPF15については例えば20分後に日焼けを始める人であれば、始まる時間を15倍伸ばすことができるという意味合いになります。
もしも長い時間外でスポーツをする、マリンスポーツをするときには30以上の商品を使用したほうがよいでしょう。SPF50以上の日焼け止めも販売されていますが、このような商品を本当に使用すべきなのは、1日の間ずっと外で何かをするときだけです。
そのうえ+についても多いものを選んでいるという人も結構いるはずです。
人の肌は屋外に出たその瞬間から日焼けが始まるわけではないのです。個人によって差はありますが、ほぼ15分〜20分後から日焼けが始まります。しかしながら今、ミルクタイプの日焼け止めの他にジェル状でうるおい持続を意識したものやスプレーで噴きかけるもので簡単に利用できる商品などいろいろな様式の日焼け止めがあります。
それより、日焼け止めにおいてはSPF15やSPF30といった数字と共にPA+もしくはPA++などの+の数で表された二つが表示されているのは知っているという方も結構いることでしょう。けれども、これら二種類がそれぞれどんな意味があるのかを正しく言える人は、そんなに大勢いないのではないかと思われます。
数字は小さいより大きい方が効果がありそうだから、常に大きい数字のものを使っているという人もいるはずです。毎年いつも紫外線の強力な季節になると、日焼け防止に帽子や日傘にプラスして日焼け止めを使用する方も多いことでしょう。
ちょっと前までは日焼け止めと言えば白いミルクタイプの形状が当たり前でした。これによりおおよそ300分後までの延長ができます。
また、SPF30であれば約10時間後までということなのです。つまり、犬の散歩へ行く、自宅そばのお店への買い物など日常生活のみを考えた場合はSPF15でも十分だと言えそうです。
まず最初にSPFというのはシミ並びにそばかすの原因である紫外線B派からの日焼けがスタートする時間を、普通始まる時間からどのくらい延長できるかを表示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です